横浜のクリニックで医療脱毛の乗り換え割はある?

脱毛が可能なのはクリニックの医療脱毛とエステサロンの光脱毛ですが、一般的に医療脱毛は価格が高く、割引などのキャンペーンが少ないといわれています。そこでこちらでは、そもそもサロンとクリニックで脱毛にどのような違いがあるのか、クリニックの割引やキャンペーンにはどのようなものがあるのかなどについて見ていきます。

→安い料金だけで決めるのは危険?横浜で自分に合った医療脱毛クリニックを見つける方法

エステサロンの特徴は?

そもそも、エステサロンとクリニックの脱毛の施術にはどのような違いがあるのでしょうか。まず、エステサロンは研修を受けたエステティシャンが施術を行いますが、資格が必要な職業ではありません。そして、いくつかの種類はありますが、使用する脱毛器は基本的に光脱毛を行うものです。

光脱毛とは、毛母細胞の色素に反応する光を照射することにより、ムダ毛の成長を促す毛母細胞にダメージを与えて再生や成長を阻害する方法ですが、完全に脱毛ができるわけではありません。ただし、一度に広範囲の施術が可能ですし、痛みもそれほど強くなく、クリニックに比べて料金を安く抑えられるなどのメリットがあります。

家庭用脱毛器でも光脱毛のシステムを取り入れているものはありますが、エステサロンで使うような業務用レベルの威力ではないため、やはり満足度が違うでしょう。また、サロンでは施術後のアフターフォローも充実しています。

サロン独自の保湿液や美容液などで肌をクールダウンさせて保湿も行いますので、施術後に肌がカサついたり荒れたりする心配がありません。また、リラックスして過ごせるように高級感のある個室になっているところが多く、施術の時間をより快適に過ごせます。

一方で、サロンの場合は高額なプランや商品販売の勧誘などが激しいところもあります。また、人気の高いサロンは予約が多く、なかなか予定を入れづらいといった評価がされるところも少なくありません。

クリニックの特徴は?

クリニックで行われる医療脱毛は、毛母細胞に反応するレーザーを照射する点では、サロンで使われる光脱毛のメカニズムとよく似ています。ただし、サロンの施術では毛母細胞にダメージを与えるだけにとどまっているのに対し、クリニックの医療脱毛では毛母細胞を破壊して、再生できないようにすることが可能です。

これは、毛母細胞を破壊する行為が医師免許を有している医療機関に限られているためで、光脱毛より出力の高いレーザーを照射することにより、永久脱毛を実現しています。施術回数も継続的にダメージを与えるサロンより少なく、全身脱毛でも平均5回程度の施術で完了となります。

ただし、出力が高い分、サロンの施術よりも痛みを感じる人が多く、希望があれば麻酔をかけて施術を受けることが可能です。また、脱毛効果が高い反面、サロンよりも施術の料金が高額になりやすい点にも注意しましょう。

医療機関の施術とは言え、脱毛は保険診療の対象外となりますので、全額自己負担です。その代わり、医療ローンを利用できるクリニックがほとんどですので、一括で支払いが難しい場合には支払い方法について損段しておくと良いでしょう。

クリニックの場合、エステサロンのような勧誘はほとんどありません。また、近年では完全予約制、完全個室でプライバシーを確保できるクリニックも増えていますので、通いやすくなっています。一方で、サロンのような丁寧な接客や施術後の充実したアフターフォローなどは期待しない方が良いでしょう。

ただ、万が一施術後に肌トラブルが生じた場合には、クリニックですぐに薬を処方してもらえるという安心感があります。

サロンの割引は種類が豊富

サロンでもクリニックでも、全身脱毛を平均的な回数で申し込んだ場合、数十万円という高額の料金になります。気になる部位だけを処理してもらう部分脱毛のプランや、1回ごとに料金を支払う都度払い制度などもありますが、しっかり脱毛をしたいと考えるならまとまった回数のプランの方が割安です。

エステサロンでは、期間限定の格安プランをキャンペーンとして提供しているところが多く、初めて利用するときや特定の部位の脱毛コースをワンコインで申し込める場合もあります。実際に施術を受けてから本格的なコースを申し込みたいと考えている場合には、これらの格安プランを利用できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、期間限定のキャンペーンとは別に、常時行っている割引制度もあります。複数の割引を併用できないこともありますので、利用前に一番お得な料金になる方法を調べておきましょう。

クリニックでは常時利用可能な割引制度があることも

クリニックでは、サロンのような期間限定のキャンペーンを頻繁に更新するところはほとんどありません。代わりに、いくつかの割引制度を常時利用可能にしていることがありますので、対応しているか確認しておくと良いでしょう。

サロンでもよく見られる制度ですが、代表的な割引は学割、乗り換え割、ペア割、紹介割などです。学割は学生証を持参した場合に受けられる割引で、乗り換え割は他のサロンやクリニックから変更した時に利用できます。有効期限内の他のサロンやクリニックの会員カード、利用者証、契約書などを持参する必要がありますので、必要書類を調べておきましょう。

ペア割は2人でカウンセリングを受けて契約した時に利用できる制度で、友人や家族で利用を検討している人がいる場合に活用できます。また、紹介割は自分が利用中に友人や家族を紹介して契約が成立した時に受けられる割引です。

どこのクリニックでも割引がある?

クリニックの割引は、サロンほど一般的ではありません。東京や横浜のようにクリニックの数が多い激戦区ならば乗り換え割のような割引制度を取り入れているところが多いですが、クリニックの数が少なく競合していない地域の場合、対応していないこともあります。

そのため、カウンセリングを受ける前に公式サイトなどで割引の有無を確認し、より安く利用できないか自分で検討する必要があります。

申し込み前に情報収集をしましょう

このように、エステサロンほどの種類や変更の頻度はありませんが、クリニックでも割引サービスを利用してお得に施術を受けることは可能です。ただし、クリニックによってキャンペーンの有無や割引率などは変わってきますので、まずは自分が利用を検討しているクリニックでどのような取り扱いがあるのかを確認しておきましょう。